覚えておきたい、衣類の品質表示

私たちが身につける衣類や繊維製品には「家庭用品品質表示法」(JIS)で定められた品質表示が付けられています。素材や洗濯時の注意事項などが記載された取り扱い絵表示は洗濯やシミ抜きをするときの大切な情報。マークの意味をしっかり覚えておきましょう。

品質表示の意味

国産製品の洗濯表示

海外製品の洗濯表示

海外製品の中でも、国内で正規販売されているものには全て日本語表示が付いています。
日本語表示がないものは全て並行輸入品と言えるでしょう。

絵表示(JIS)について

日本製の衣料品では「家庭用品品質表示法」により、JIS規格で定められた取り扱い絵表示を表示する事が義務付けられています。

洗い方(水洗い)

液温は40度を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。
液温は40度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。
液温は30度を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)。
水洗いはできない。
洗濯機で水洗いができるという意味です。数字は洗濯時の上限の水温を表し、「ネット使用」の文字は洗濯ネットに入れて洗うことを示します。
やさしい洗い方を用い、水洗いできるという意味です。数字は洗濯時の上限の水温を表します。「中性」の文字は、洗濯用(衣料用)中性洗剤を使用することを指定しています。洗濯機の手洗いコースなどでも洗えます。

ドライクリーニング

ドライクリーニングができる。溶剤はパークロルエチレン、または石油系のものを使用する。
ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用する。
ドライクリーニングはできない。

塩素漂白の可否

塩素系漂白剤による漂白ができる。
塩素系漂白剤による漂白ができない。

アイロンのかけ方

アイロンは210度を限度とし、高い温度(180度~210度まで)でかけるのがよい。
アイロンは160度を限度とし、中程度の温度(140度~160度まで)でかけるのがよい。
アイロンは120度を限度とし、低い温度(80度~120度まで)でかけるのがよい。
アイロンがけはできない。

干し方

吊り干しがよい。
日陰の吊り干しがよい。
平干しがよい。
日陰の平干しがよい。

絞り方

手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい。
絞ってはいけない。

取扱い絵表示改正の動き

現在、経済産業省の委託を受けた繊維評価技術協議会にて関連業界団体等が繊維製品の洗濯取扱い絵表示について、現状のJIS規格を改正し、ISO表記へ移行すべく整合化作業が進められています。

経済産業省:繊維製品の洗濯絵表示JIS改正の検討について

JIS L0217のISO 3758との整合化(平成24年6月1日)より

(問合せ先)

産業技術環境局環境生活標準化推進室(直通:3501-9283、内線:3426)

製造産業局繊維課(直通:3501-0969、内線:3861)