クリーニング店の選び方6つのポイント!

  • カウンターで適切な対応が出来処理法など納得のいく説明が出来る。
  • 厚生労働省認可のSマークや組合加盟のLDマークのあるお店
  • 万一のトラブルのとき、連絡先がすぐにわかるお店
  • 預り証を発行するお店
  • きれいな洗剤を使うお店
  • 価格を明示してるお店

クリーニング店を選ぶには、安心と信頼のマークのあるお店を選びましょう!

LDマーク

LDマークの「L」は、「Laundry」、「D」は「Drycleaning」の頭文字を表しています。LDマークのお店は、全国クリーニング生活衛生同業組合の会員である47都道府県クリーニング生活衛生同業組合に加盟しているクリーニング店です。加盟店は、「安心」「安全」「親切」を心がける“プロの洗い技術”でお客様に質の高いサービスを提供するように心がけています。また、万が一、クリーニングトラブルが発生した場合には「クリーニング事故賠償基準」に基づいた対応でトラブルの処理にあたります。贈り物などに喜ばれるクリーニングギフト券を扱っているのも「LDマーク」のお店です。

Sマーク

「Sマーク」のお店は、厚生労働大臣が許可した「クリーニング業の標準営業約款」に基づいて営業しているクリーニング店。「LDマーク」と同様にお客様に質の高いサービスを提供するとともに、国民の衛生的な生活を守るために衛生的(プロの洗い技術)で、適切なクリーニング処理、そして適切な賠償(安心)を行っています。なお、「クリーニング業の標準営業約款」は、消費者保護の観点から提供するサービスの内容やお店・設備の表示の適正化などを守ることによって、消費者がクリーニング店のサービスを受ける際に、洗たくの利便を図ろうとするものです。「S」は「Standard:標準」「Sanitation:衛生」「Safety:安全」の頭文字を表しています。

「賠償責任のあるお店」ステッカー

「賠償責任のある店」ステッカーは、北海道クリーニング組合が顧客の信頼を確保し業務の向上を図る目的で、北海道道民生活安定条例第4条事業者の責務二項の趣旨に沿って「クリーニング事故」について的確な賠償と事故の未然防止を図るために作成、昭和53年5月より使用していました。

平成12年の組合呼称変更に伴い新取扱要網を改正し左記ステッカーを組合員に配布使用しています。